まなのネタバレブログ

本や映画のネタバレOKな方向け

瀬尾まいこ「卵の緒」感想

こんにちは、まなです。

春の陽気みたいにポカポカとあたたかい小説を読みました。

f:id:mana_airu:20190319154557j:plain


瀬尾まいこ「卵の緒」


瀬尾まいこさんは、私は知り合いの方に勧めてもらって今回初めて読んだのですが、どうやらこの作品がデビュー作らしいです。
「卵の緒」と「7'sblood」の二編からなる、やさしい家族の物語です。


卵の緒 (新潮文庫)

卵の緒 (新潮文庫)



以下ネタバレになります。

続きを読む

ミヒャエル・エンデ「はてしない物語」感想

こんにちは、まなです。

今回は私が子供の頃大好きだった児童書を再読したので、紹介したいと思います。

f:id:mana_airu:20190303124818j:plain

ミヒャエル・エンデはてしない物語

物語の主人公は気弱で、見た目も冴えなくて、自分に自信のない少年バスチアン。
学校ではみんなからいじめられ、本を読んだり物語を自分で作ったりするのが彼の唯一の楽しみです。
そんな彼は、いつものようにいじめっこ達から逃げてある古本屋に駆け込みます。
そこで出会った一冊の本にどうしようもなく魅せられて、ただ本を買うお金など持っていないバスチアンは本を盗み出してしまいます。
それは「はてしない物語」と言う一冊の本。
そこから彼の不思議な物語は始まります。


この本のすばらしい所は、まず装丁が本の中で描写されている装丁と全く同じ所です。

バスチアンは本をとりあげると、ためつすがめつ眺めた。表紙はあかがね色の絹で、動かすとほのかに光った。パラパラとページをくってみると、なかは二色刷りになっていた。さし絵はないようだが、各章の始めにきれいな大きい飾り文字があった。表紙をもう一度よく眺めてみると、二匹の蛇が描かれているのに気がついた。一匹は明るく、一匹は暗く描かれ、それぞれ相手の尾を咬んで、楕円につながっていた。そしてその円の中に、一風変わった飾り文字で題名が記されていた。
はてしない物語と。

f:id:mana_airu:20190303124855j:plain
f:id:mana_airu:20190303124933j:plain

どうでしょう?
この装丁、本当に動かすとほのかに光り、中は二色刷り、蛇の模様までそっくり同じ。
手にしているだけでも楽しくなってしまいます。

バスチアンがわくわくしながら読み進めると、そこに待ち受けているのはファンタージエンと言う国の危機をめぐる、めくるめく冒険の物語。そしていつしかバスチアンはその冒険に巻き込まれていくのです。

本当に素晴らしい世界観、今でも語り継がれるベストセラーなだけあります。

文庫版も出てますが、私はやっぱりこのあかがね色の装丁のハードカバー版をおすすめします。

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)

はてしない物語 (エンデの傑作ファンタジー)

それでは、以下ネタバレになります。

続きを読む

綿矢りさ「かわいそうだね?」感想

こんにちは、まなです。

いよいよ私の住んでいる北海道も春めいてきて、冬の重たくて乾いた空気から解放され、清々しい天気が続いています。
寒い時は読書もあまり集中できないのですが、あたたかくなってくると絶好の読書日和。
色んな本を並行してすらすらと読んでいけるような、軽やかな気分です。

f:id:mana_airu:20190308191550j:plain

綿谷りさ「かわいそうだね?」


読みました。

表題作の「かわいそうだね?」と「亜美ちゃんは美人」の二つのタイトルで構成されるこちらの小説。
簡潔に、あえて月並みに言うと、とても面白い。

実はここの所読書スランプが続いてきたのですが、お天気にくわえてこの本を読んだ事でスランプ解消されました。

元々綿谷りささんの小説は好きで「蹴りたい背中」や「夢を与える」なども大好きなのですが、この作品が一番好きになってしまったかもしれません。

「かわいそうだね?」は、主人公の樹理恵が付き合っている彼氏・隆大の家に元カノのアキヨが転がりこんできます。
もちろんその状況を嫌がる樹理恵と隆大とアキヨの三角関係の物語です。
あらすじだけでもすごいインパクトです。私だったら発狂しちゃいそうな状況です。

「亜美ちゃんは美人」は高校の入学式でたまたま並び順が前後だったさかきちゃんと亜美ちゃんが仲良くなり、次第に親友となります。
しかし、さかきちゃんは美人でいつも得をしている亜美ちゃんが好きではなく、たびたび嫉妬の炎に焦がれます。
そんな二人が大人になるまでの友情の物語です。

以下、ネタバレになります。

続きを読む

桜庭一樹「少女には向かない職業」感想

こんにちは。
久しぶりの本の感想です。

今までは記事の更新と言う形で、外部さんの方で本を紹介させていただいてましたが、これからはこちらのブログで紹介させていただきます。

今回はこちらの本

f:id:mana_airu:20190302104529j:plain

桜庭一樹少女には向かない職業

中学二年生の一年間で、あたし、大西葵十三歳は、人をふたり殺した。

衝撃的な書き出しで始まるこの物語は、凄惨で哀しくて、痛みを抱えた少女の物語。

アルコール中毒の義父に育児放棄の母、傷ついた少女はある日あまり話したことのないクラスメイト・宮乃下静香と殺人計画を立てる。

以下ネタバレになります。

続きを読む

「SUITS」シーズン1 3話感想

こんばんは。

 

三話目にしてすっかり「SUITS」の虜になってしまったまなです。

 

今回の話は、ハーヴィーとマイクの絆がぐっと深まるいい話でした。

 

 

以下ネタバレ感想になります。

 

続きを読む

「SUITS」シーズン1 2話感想

こんにちは。

 

できるだけ毎日海外ドラマや本の感想を更新したいので、これからがんばりたいと思います。

 

今日は昨日に引き続き「SUITS」シーズン1の二話の感想です。

 

一話の感想はこちらになります↓

 

mana-airu.hatenadiary.com

 

 

以下ネタバレになります。

 

続きを読む

「SUITS」シーズン1 1話感想

こんにちは。

そしてあけましておめでとうございます。

 

年末の忙しい時期が終わり、ようやく映画や本、ドラマを鑑賞する時間が出来ました。

 

私の最近のマイブームは海外ドラマ。

本は毎日当然のように読んでるのですが、映像作品にもまた違った楽しさがあります。

 

そして、そんな中知人に面白いらしいと紹介され今日から見始めることにしました。

 

海外ドラマ「SUITS」です

 

簡単にあらすじを説明します。

 

ハーバード大学卒の敏腕弁護士ハーヴィは、部下を探しているがこれと言った人が見つからない。

その中で唯一目に留まったのが、大学も中退していて弁護士の資格はないが天才的な頭脳を持つマイク。

この二人のコンビの活躍をえがく物語です。

 

 

 

私はお仕事系の話が好きなので、一話見ただけですっかりハマってしまいました。

 

これからできるだけ毎日映像作品を見て、できれば感想を書く所まで行きたいです。

 

もちろん本も毎日。これだけは欠かせません。

 

1話だけなので感想はさらっと、この辺で。

それではこれから始まる2019年が皆様にとってよい年でありますように。